みどり葉40回卒関東在住者同窓会が行われました!

2018年9月2日、東京都内で「みどり葉40回卒関東在住者同窓会」が行われました。福井在住組からも、大谷実行委員長と私(副実行委員長・森川)が参加しました!

今回の同窓会、みどり葉関東支部の集まりをきっかけに企画されたとのことで、二瓶(大久保)織江さん(5組)、北嶋正博くん(6組)、細田修一くん(7組)、中村(土本)幸代さん(8組)の幹事4人の呼び掛けで、なんと35人もの40回卒生が集まりました!

会場は、東京駅八重洲口近くにあるイタリアンの店『オペレッタ』。東京駅すぐそばという絶妙なロケーション、しかも日曜日の真っ昼間から貸し切り対応OKというお店があるあたり、さすがは大都会東京!です。

同窓会は11時30分、北嶋くんの軽妙なトークでスタート。細田くんから同窓会の主旨説明などがあった後、実行委員長の音頭のもと高らかに「乾杯!」の声が響きました。

会場からは「高校卒業以来の再会」なんて声もあり、次々と料理が出てくるにもかかわらずみなさんおしゃべりに夢中…北嶋くんが「おいしい料理、あったかいうちにぜひ」とうながす場面もあったり(笑)。

食べるのもそこそこに、しゃべるしゃべる(笑)。

しゃべるしゃべる。

まだまだしゃべる。

会の中盤には、近況報告の1分間スピーチの時間もありました。大学進学をきっかけにずっと東京暮らしという人もいれば、結婚を機に東京に来た人、転勤を重ねて関東在住となった人などなど、ここに至った経緯は「35人35様」。

「久しぶりに会うことができ、30年前に時間が戻った」
「福井の味が懐かしくて関東の『秋吉』めぐりをしてる」
「通勤、往復4時間だけど頑張ってる」
「男は30年も経つと見た目の変化がいろいろあると思うけど、期待したほど変貌してなかった(笑)」
「平成がもうすぐ終わるこのタイミングで、平成元年卒の集まりの機会を設けてもらえたのがうれしい」
「旧交を温められる場をこれからも続けてほしい」

などなど、和やかな雰囲気で近況報告が進んでいきました。

そして最後はお約束の校歌斉唱! 東京のど真ん中で響き渡る「おのこわれ~、おとめわれ~♪」

締めのあいさつに立った、二瓶さん・中村さんです。

「ドラマの『チア☆ダン』を、福井弁懐かしいなーと思いながらいつも見ています。ドラマのように同じ高校時代を過ごした私たちも、おじいちゃんおばあちゃんになるまでずっと仲良くしていきたいです」(二瓶さん)

「今日来られなかった人も含め、把握しているだけでも60人ほどの40回卒生が関東にいることが分かって驚き。卒業アルバムの顔写真を入れた参加者名簿の作成担当だったんですけど、作っているうちに『クラスが違うのにみんな知ってる』というような気持ちになりました(笑)」(中村さん)

「まだまだ飲み足りない!」の声に、会場を東京駅八重洲口地下のワインバルに移して2次会も。次々とボトルを空けながら(笑)懐かしい話に花を咲かせました。

参加されたみなさん、楽しい時間をありがとうございました! 「つなぐ」の輪、これからもどんどん広げていきましょう!

(森川)

“みどり葉40回卒関東在住者同窓会が行われました!” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA